他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

コロイドヨードの信頼できる情報サイトまとめ

| 0件のコメント

コロイドヨード療法という言葉をきいたことがありますか?がんにおける三大治療に代わる、代替医療とよばれる方法のひとつです。

コロイドヨードとは

コロイドヨードとは、ヨード(ヨウ素)を主成分としています。

ヨードが持つ毒性をなくし、細胞が利用できるようにしたものです。

元素のヨードと水素を結合させ、体内に安全に取り入れやすくされたものがコロイドヨードです。

ヨード(ヨウ素)は体内ではそのほとんどが甲状腺に存在していて、甲状腺ホルモンの主原料となります。

甲状腺ホルモンは新陳代謝や成長の促進、栄養分の吸収、エネルギーを作る働きをするため、体になくてはならないホルモンの一つです。

コロイドヨードは非常に小さな微粒子でできていて、体内のタンパク質と結びつき血管内に入り込みます。

血管内でコロイドヨードは血液中の糖分、塩分、中世脂肪などを分解する酵素の働きを助ける役割をしてくれます。

そのため血液はキレイな状態が保たれ、きれいな血液の中で細胞が活性化します。

体温もあがり、細胞が活性化することで代謝がよくなり免疫力が高くなります。

このように免疫力を高めることで、自身の体の働きを助け様々な病気と戦える力を養うことこそがコロイドヨード療法なのです。

がんの代替医療として近年注目を集めていますが、がんだけでなく、動脈硬化や認知症など幅広い疾患に対して効果が期待できるとされています。

さらに薬に対する耐性や体内での蓄積性も報告されていません。

多くの医薬品には、細胞膜やDNAに傷をつける恐れのある活性酸素ついています。

しかしコロイドヨードにはそれがないために副作用も少ないといわれているのです。

コロイドヨード療法が普及しない理由

上記をみてわかるように、コロイドヨード療法が優秀であることはわかりました。

しかしそれならばなぜ、コロイドヨード療法が定着しないのか。

その理由として日本ではまだまだ認知度が低いという点があげられます。

代替医療に不安を抱いているひとも実際に多いといいう現実があります。

コロイドヨードの安全性や効果など、情報がまだ足りていないのかもしれません。

またさらにがんの三大治療とは違った代替医療であるために自由診療となり保険が適用されません。そのため、費用が高額になってしまうことがあります。

コロイドヨードについて信頼できる情報サイト

多くの人が半信半疑の状態である代替医療。コロイドヨードについての知識を深めることが第一歩です。

金額なども含めた情報を取り扱うサイトをまとめました。

是非、参考にしてみてください。

がんの代替医療のことなら「がん代替医療ナビ」

がんの代替医療についての情報を発信する「がん治療」のためのサイトです。抗がん剤などがんの三大療法以外にも身体への負担の少ない医療が存在します。世界で認められている根拠のある補完代替医療について知っておきましょう。

このブログを見る

コロイドヨードで明るい兆しをあてる新医療「i life(アイライフ)」

コロイドヨードとは コロイドヨードとは、病気の治療に使う高濃度の有機ヨードで「ヨードと水素を結合させることで有機化させ、コロイド状で水溶液の中に存在し、体内に取り込むことが出来るヨード」として、科学者の佐藤一善が世界で初めて開発に成功したヨードです。 WHOからその有効性が認められ、全世界において臨床許可を得ています。 ヨード元素は、消毒作用を持つ天然元素ですが、分子が大きすぎて人体に完全に取り込む事が出来ずに、体表の減菌消毒のみに使用されていました。 その分子のコロイド化が実現し、体内の悪性物質の撲滅が可能となったのがコロイドヨードです。 適応症例 病名 詳細 がん(腫瘍) 胃がん、肺がん、…

このブログを見る

jtkclinic

このブログを見る

メディアートクリニック

コロイドヨード療法ページ│コロイドヨードとは、元素であるヨード(ヨウ素)を水素と結合させることにより、 ヨードが持つ毒性をなくし、細胞が利用できるようにしたものです。

このブログを見る

コロイドヨードの効果・効能と副作用について

コロイドヨード療法の製品比較現在、日本国内で取り扱っているコロイドヨードは3種類程ございます。・メディアートクリニック の コロイドヨード  品名:なし・オー…

このブログを見る

コロイドヨードによる代替医療

いままでのがんの三大治療、手術では入院が長引く、化学療法では抗がん剤による副作用があるなどの負担が多くあります。

それらの負担を軽く治療を行うことができるコロイドヨード療法。

体や心の負担を少なくすることでがんと向き合い前向きに治療する方法もあるということをおぼえておくといいかもしれません。

情報収集をきちんとすることで、代替医療に対する理解を深めましょう。