他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

ノーベル賞・本庶佑教授と夢の薬オプジーボ

| 0件のコメント

本庶佑教授が開発したオプジーボとは

2018年10月1日、京都大学の本庶佑教授のノーベル医学・生理学賞を受賞し、日本だけでなく、世界中に大きなニュースとなりました。

従来のがん治療に加え、まったく新しい治療法として発見された免疫療法。その免疫薬として開発されたものがオプジーボです。

これからのがん治療に大きな変化をもたらすことになると思います。

オプジーボは抗がん剤とは違います。抗がん剤は全身療法とよばれるとおり、がん細胞だけを狙うことができずに正常な細胞までも攻撃してしまいます。

一方でオプジーボは免疫療法とよばれ、がん細胞を攻撃する正常な細胞の働きを助けるものです。つまり抗がん剤とは仕組みが全く違うものなのです。

その免疫療法とはどのような治療なのか、詳しくみていきたいと思います。
 

がん免疫療法とは

今までのがんの治療といえば三大療法といわれる、手術療法、放射線療法、化学療法が一般的でした。がん免疫療法は近年注目され始めた治療法といえます。

がん免疫療法は三大療法とは違い、直接がんを攻撃する治療ではありません。

自身の免疫力を高めることで、がん細胞と闘うというメカニズムはわかりやすい反面、本当にそんなことでがん治療になるの?と思う人がいることも事実です。

本庶佑教授は「オプジーボが登場するまでは世界中のほとんどのがんの専門家が、免疫療法でがんが治るとは考えていませんでした。実際にこれまでの免疫療法といえるものはほぼ失敗しています」と話しています。

がんに対する免疫療法には樹状細胞ワクチン療法と免疫チェック阻害剤があります。今回ノーベル賞を受賞したオプジーボは後者の免疫チェック阻害剤に属します。
 

がん免疫療法の仕組み

がんにおかされると、体内にがん細胞が発生します。そのがん細胞を免疫細胞のひとつであるTリンパ球細胞がPD-1という物質で攻撃します。

ところががん細胞は、攻撃されることによってPD-L1という物質によって対抗し、免疫細胞の攻撃を防ごうとするのです。

免疫細胞のTリンパ球のPD-1とがん細胞のPD-L1が結合してしまうと、Tリンパ球の攻撃にストップがかかってしまいます。

攻撃をうけなくなったがん細胞はどんどん増殖してしまいます。このPD-1とPD-L1の結合を防ぐのが免疫チェック阻害剤、つまりオプジーボなのです。

免疫チェック阻害剤によって、結合を防ぐことにより免疫細胞が正常に働き、がん細胞を攻撃してくれるようになるというわけです。

現在、日本ではメラノーマ(悪性黒色腫)という皮膚がん、肺がん、腎臓がん、血液のがん(ホジキンリンパ腫)にオプジーボが適用されています。
 

がん免疫療法のメリット

◎副作用が少ない

免疫療法は、副作用が少ない。これが化学療法である抗がん剤との大きな違いといえます。

抗がん剤は正常な細胞にも影響がでてしまうために、吐き気、脱毛など多くの副作用が問題となっています。

しなし自身の免疫に働きかける免疫療法は、体への負担も少なくまた効果が長く続くともいわれています。

◎がんの種類や場所を選ばない

がんが外科手術や放射線治療の不可能な場所であったとしても、免疫療法では治療が可能な点が優れています。
 

オプジーボとがんの未来

当初オプジーボの適用患者は少数と見込まれ高額に設定されていました。しかし2017年2月、値下げが決まり、いままでの約半額となりました。

高額な料金がハードルとなっていたオプジーボ。値下げにより第四のがん治療法としてこれから保険適用となれば多くの人の命を救うことが期待できるでしょう。

現在のところ保険適用となるがんは、悪性黒色腫、肺がん、頭頸部がん、胃がんなど、6種類ほどに限られています。高額医療費制度を使用することで月々の負担は8万円ほどになるでしょう。

これらはがんを患う人たちにとってとても助かります。しかし上記以外のがんを患うひとたちは全額自己負担となるため、高価な薬に変わりありません。

これからさらなる保険適用範囲が広がることが望まれます。