他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

有機性ヨードが癌に効くメカニズムとは

| 0件のコメント

がんの治療法が多様化する現在、今までの三大療法と言われる治療に加え免疫細胞療法や光免疫療法、代替医療などでがんを克服する人たちが出てきました。

その代替医療のひとつとして、近年注目を集めている有機性ヨード。有機性ヨードがなぜがんに効くのか。そのメカニズムを見ていきたいと思います。
 

なぜがんができるのか

私たちの体の中では、毎日のように異常な細胞が発生しています。

正常な細胞は細胞分裂を繰り返しますが、その際に遺伝子に傷がつき、突然変異することが「がん」のはじまりといわれています。

通常そのように突然変異した異常な細胞は体内の正常な免疫細胞である、白血球の攻撃によって死滅します。

しかし、免疫力が下がって白血球の働きが弱まると、攻撃できずに残ってしまう異常な細胞がでてきてしまいます。

それががん細胞となり、無秩序に分裂を繰り返し増え続け、体をむしばんでいくのです。

またがん細胞は、他の細胞になりすましたり、生き残るために周囲の細胞を巻き込むこともあります。

(参照:人はなぜガンになるのか
 

がんの治療法

三大療法

がんの病巣を手術で取り除く手術療法、X線をがんに照射して攻撃する放射線療法、抗がん剤による全身治療である化学療法。従来の三大療法です。

免疫療法

近年医療の発達で注目を集める免疫細胞療法や光免疫療法。副作用が少ないといわれる治療法です。がんそのものをなくす治療から、自身の免疫力をあげることで、がんと闘う細胞を育て戦うという治療法です。

代替療法

がんに有効性があると考えられる成分や食事などを摂取することでがんと闘う治療法です。
 

有機性ヨードががんに効くメカニズムとは

代替医療も多くの種類があります。アガリクスやビタミンC、プロポリスなどが有名ですが、その中でも注目を集める有機性ヨード。

無機ヨードと違い、昆布やわかめ、のりなどの海藻類に含まれるヨードと同じものであり、副作用が少ないといわれている有機のヨードのことをいいます。

有機性ヨードを摂取すると甲状腺ホルモンが活発になり、新陳代謝がよくなります。

免疫力や体の成長にも大きな影響を与えるということもわかっています。

その有機性ヨードがどのようにがんに効くのか。

非常に小さな微粒子である有機性ヨードはタンパク質などと結合しやすく、血管内に入り込むことが可能です。

がんとなった悪性細胞はタンパク質と栄養素として成長していくので、コロイドヨードと結合したタンパク質ももれなく取り込むのです。

血管に入り込んだ有機性ヨードを取り込んだがん細胞は、酸化して死滅してしまいます。そしてヨードと共に体外へ排出されるのです。

このような働きを行うことで、血管内をきれいにしてくれる効果もあります。血管が浄化されることで細胞は活性化し、免疫力アップにつながるのです。

免疫力が高まることで体温があがり、がんとたたかうことのできる体になるのです。

つまり自らの免疫を高めるといった部分では免疫細胞療法と似ている治療法といえます。
 

有機性ヨードの摂取方法

有機性ヨードは、注射、ドリンクタイプ(水溶性)、ソフトカプセルタイプがありますがこれらはサプリメントで市販されているものです。

上記以外の方法の場合は、医療機関での取り扱いになります。
 

まとめ

有機性ヨードは副作用もなく、体に安全なもので自身の免疫力を高める代替医療となります。メカニズムをよく理解して代替医療のひとつとして参考にしてください。