他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

本当は怖い抗がん剤治療の真実

| 0件のコメント

日本のがん治療は手術療法、放射線療法、化学療法の三大療法が主流です。

これらを組み合わせて、それぞれに合った治療をしていきます。

その中でもがんの全身治療とよばれる抗がん剤による化学療法、その効果や副作用、注意すべき点をみていきたいと思います。

抗がん剤とは

一般的に抗がん剤は薬物による治療の一部で、化学療法とよばれる全身治療になります。

抗がん剤での治療は、基本的に手術や放射線で取り除くことができない場合、つまりがんが血液の流れにのり他の臓器への転移が確認されたときに行われる治療です。

すでに転移が確認されているがんの増殖を防いだり、進行を遅らせること、また症状の緩和が主な目的となります。

また、手術前に抗がん剤を使用して、がんそのものを縮小させることで手術をスムーズに進める「術前薬物療法」を行う場合があります。

一方で「術後薬物療法」があります。手術の際に見つけることのできなかった微小転移に備えて、再発を防ぐために行われます。

抗がん剤には非常に多くの種類があり、がんの発生した場所、患者さんの体質に合わせた薬を使用することになります。

また複数種類を合わせてさらに効果を高める場合もあります。
 

がんと抗がん剤の関係

抗がん剤は薬によってがん細胞を攻撃し、殺傷したり増殖を抑えたりします。がんの種類やステージによって、用いられる抗がん剤の種類は異なります。

錠剤やカプセルなどを服用する「のみ薬」による方法と、「点滴や注射などで血管(静脈)に直接抗がん剤を注入する」方法があります。

血液を通じて身体のすみずみまで抗がん剤を運ばせ、全身に散らばったがん細胞に作用させることが目的です。

根治が望めないがんに対しても、QOL(Quality of Life)を維持し、がんとともにできるだけ長く生きることが可能となります。抗がん剤によって生存率が上がるのはそのためともいえるでしょう。

実際の治療は、1~2週間程度の周期を設定して、治療をする日と治療をしない日を組み合わせて行われます。

この周期になる期間を「1コース」や「1クール」などと呼び、数回繰り返して行われるのが一般的です。
 

抗がん剤の副作用

抗がん剤による副作用は多く、治療をした人が経験する主な副作用は下記のようになっています。

・吐き気、嘔吐

はっきりとした原因はわかっていませんが、抗がん剤が脳の中の神経を刺激することや消化管の粘膜を刺激することで起こると考えられています。

・下痢、便秘

腸管の蠕動運動が活発になり粘膜が刺激を受けることによる下痢、また消化管の粘膜が傷害されることによる下痢が考えられます。

便秘に関しては吐き気を抑制するための制吐剤や鎮痛薬によるもの、また腸管運動が低下することが原因といわれています。

・口内炎

抗がん剤によって粘膜が直接的に障害をうける場合と、抗がん剤によって骨髄抑制が起こり、局所感染する二次性障害が考えられます。

・貧血

だるさやめまい、息切れなどの症状は骨髄機能が障害されることで起こります。赤血球の数が少なくなることが原因です。

・出血

血小板の減少により、出血しやすく、また出血が止まりにくくなります。
 

・しびれ

抗がん剤の種類により、神経障害が起こることがあります。主な症状として指先や手足先の感覚の鈍さやしびれを感じます。

・脱毛

脱毛は抗がん剤の種類によってかわります。また個人差もあり、髪の毛だけでなく体毛や眉毛でも起こります。

・感染症

抗がん剤治療を受けると一般的に白血球の数が減少します。そのために感染症を引き起こしやすく注意が必要です。

・骨髄抑制

白血球・赤血球・血小板などの血液の成分をつくる骨髄が、抗がん剤によってダメージを受けることで血液成分を正常に作れなくなる現象です。

化学療法は、抗がん剤を用いてがん細胞を攻撃する治療法です。副作用が大きいと言われる理由にがん細胞だけでなく、正常な細胞も攻撃してしまう点があげられます。

腸や皮膚、毛根、骨髄など、活発に増殖する正常細胞にも影響が及びやすいデメリットがあるのです。

これらのつらい副作用を和らげる治療もあります。
 

抗がん剤の怖さ

抗がん剤は、がん細胞に対して最大限に効果を発揮しますが一方で正常な細胞にも影響を与えてしまいます。抗がん剤治療を受けた人たちが副作用に苦しむのはそのためといえます。

正常な細胞が破壊されることで、体にさまざまな影響が現れます。

吐き気や嘔吐、また口内炎によって、食事や水分が取れなくなってしまうことがあります。

さらに下痢がおこることで、脱水症状が起こってしまいます。がんと闘うための体がどんどん弱ってしまうのです。

また抗がん剤による骨髄抑制がおこることで、白血球の数が大幅に減少します。白血球が減ることで、細菌や病原菌から体を守るための抵抗力が低下します。

結果、感染症にかかりやすくなり、発熱や発疹などの症状があらわれてくるのです。がんだけでなく他の症状に対しての治療も必要となります。

このように抗がん剤治療によって、体が弱っていってしまうという現実があるのです。本来もっているべき、自然治癒力も失われてしまう可能性があるのです。
 

抗がん剤を受ける方へ

これから抗がん剤による治療を受けようと考えている場合、医師とよく話し合うことが重要です。

自分のがん、自分の体質にあった抗がん剤で治療をおこなうためにも、抗がん剤に対する不安や気になる点、副作用についてもわからないことは漏らさず質問しましょう。

また抗がん剤だけに頼らない方法もあることを確認してみるのもいいかもしれません。