他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

ゲノム医療とがん治療の未来

| 0件のコメント

多くのがん治療が存在する中で注目を集めているゲノム医療。ゲノム医療とはどのような治療なのか、がん治療にどのような未来があるのかを考えます。
 

ゲノムとは

人の体は約37兆個もの細胞からできています。皮膚や髪の毛、爪に至るまですべてが細胞から成り立っています。

細胞の中には核があり、その核の中には遺伝子を含む染色体が存在します。染色体を構成するのはDNAです。

DNAがそれぞれに決められた意味をもっていて、遺伝子情報を構成しているのです。

ゲノムとはつまり、DNAに含まれる遺伝子情報全体のことを意味します。ゲノム情報は人の体を作るための基本であり、ひとりひとり異なるゲノムでつくられています。
 

がんゲノム医療とは

がんはゲノムの突然変異によっておこることがわかっています。

上記でみてきたようにゲノム情報が個人によって違うため、同じがんであったとしても変異をおこしているゲノムもそれぞれに違っているということになります。

その結果、ひとりひとりにあった最適な治療法も異なってくるのです。

がんゲノム医療とは、がんの組織を利用して多くの遺伝子を同時に調べ、遺伝子の突然変異を明確にすることです。

患者さんの細胞レベルでゲノムの変異を調べることでがんの原因を明らかにし、最も有効性が高く副作用の小さい治療法を選択していくことが可能になります。
 

がんゲノム医療の流れ

がんゲノム医療は、「がん遺伝子パネル検査」を行うことから始まります。

がん遺伝子パネル検査とは、手術や生検により採取したり摘出したがん組織から多数のゲノムを同時に調べる検査のことです。

そこで細胞ごとにゲノムの変異を確認し、その結果から効果が期待できる治療を決めていきます。しかしこの検査、誰でも受けられるわけではありません。

標準治療がない希少がん、原発が不明ながん、標準治療終了後に、次の新たな薬物療法を希望する場合に検討されます。それに加え、年齢や全身状態なども関係してきます。

検査費用は80万円前後が一般的です。

また自身で遺伝子検査可能なものがインターネットなどで販売されているのを見かけることがあります。しかしながらそれらは医学を専門とする医師の判断を必要としていないことが特徴です。

手軽に検査ができますが、検査結果や推奨される対策には信頼性に欠けるものもあるので注意が必要です。
 

ゲノム医療とがん治療の未来

がんゲノム医療によって、今まで疾患レベルでの治療だったものが、遺伝子変異に対応した治療による個別医療へと変化してきました。

高い精度で治療効果を予測することが可能になり、また効かない治療による苦しくつらい無駄な副作用を避けることが可能になります。

まさに次世代のがん医療といえるのではないでしょうか。

一方で、パネル検査によって異常が見つかった場合でもその異常に対応できる薬が今のところまだわずかであるといわれています。

今後それらの薬が多く研究開発されることによって、がんゲノム医療は一般的になっていくことでしょう。