他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

前立腺癌の生存率まとめ

| 0件のコメント

前立腺癌とは

Prostate_cancer

前立腺は男性だけにある臓器です。小骨盤腔内で膀胱の出口に尿道を囲むように存在しています。
前立腺の細胞が無秩序に自己増殖することにより発生すると言われています。
前立腺癌は年齢とともに多くなります。
特に65歳以上から増え、80歳以上では20%前後の人に認められるとも言われています。

前立腺癌の原因と傾向

trends

明らかになっている原因として、高齢によるもの、人種、遺伝(家族歴)と言われています。
もともとは欧米で多くアジアでは頻度の少ない癌でした。人種では、黒人にもっとも多く、白人、黄色人種となっています。
日本では人口10万人あたりの男性が1年間に前立腺癌にかかる人数は全年齢を合わせても 10人程度です。
癌死亡の部位別順位では10位前後です。
しかし現在、日本で最も急速にふえてきている癌なのです。
年齢別にみると、70歳では10万人あたり10人、80歳では20人になります。
このように前立腺癌は高齢になるほどなりやすい癌という特徴があります。
また遺伝要因として、父親、兄弟、息子のいずれかが前立腺癌だった場合には発生リスクが2~8倍とされています。
そして明らかではないものの、乳製品、カルシウム、肉、脂肪などの食生活もリスク要因としてあげられます。
食生活の欧米化による、脂肪の多量摂取、肥満などが考えられます。

前立腺癌の進行、治療

treatment

前立腺癌は進行が遅く初期にはほとんど症状がないことが多いとされています。
進行するにつれて、頻尿、残尿感、排尿障害、血尿などが現れます。
また前立腺癌は骨に転移しやすいという特徴があります。
腰や背中の痛み、手足のしびれが出ている場合には進行、転移の可能性があると言えます。
前立腺癌の治療はさまざまです。しかし他の癌同様に早期の発見で治療の選択肢が増えます。

・PSA監視法
血液検査による前立腺特異抗原(PSA)の値を定期的に検査する治療です。
進行が遅いためこの方法で経過観察することもあります。

・手術
前立腺を摘出して、癌の原因を取り除きます。
腹腔鏡での手術も可能です。

・放射線治療
放射線を患部に照射、死滅させる方法です。

・ホルモン療法
男性ホルモンの作用を抑え、癌の増殖や進行を抑制します。
前立腺癌では基本的な治療法といえます。

・化学療法
抗がん剤を使った治療です。
これらの方法で癌の進行状況に応じて治療を開始していくことになります。

 前立腺癌の生存率

5yaer

前立腺癌は進行がゆっくりという特徴があり、予後もいい癌です。早期発見によって、治療をしながらうまく付き合っていくことで
生命に影響をおよぼさない可能性が十分にあります。
癌の予後を良さをしめす目安として『5年生存率』という数字があります。
がんの治療開始から5年後生存している人の割合のことを表しています。
前立腺癌5年生存率は癌全体の中でも高い数値が出ています。
早期のⅠ期発見で90%の人が、またかなり進行したステージⅢ期(癌が前立腺の被膜を越え精嚢まで深く進行)でも80%とも言われています。
『5年総体生存率』とはがんになっていない人ととの生存率を比べた数値です。
この数値に関してはⅢ期まで100%となっており、前立腺癌になっていない人と変わらない生存率となっています。

 前立腺癌の予防と定期健診

5

前立腺癌のリスク要因としてあげられていた食生活の改善が予防につながります。
予防にいいとされている食事、栄養素として、大豆、リコピン、セレン、ビタミンE、魚、コーヒー、野菜などがあります。
また、50歳を過ぎた頃からの定期健診が重要です。
PSA検査を一年に一度受けることで早期発見につながり、適切な治療をうけることで
前立腺癌を克服することができるのです。