他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

食道癌の症状まとめ

| 0件のコメント


喉の違和感を感じたら、それは食道がんの初期症状かもしれません。

食道がんとは

食道は喉と胃の間をつないでいて、口から摂取した食べ物を胃まで運んでいます。

長さは25cm、太さ2cmほどの管状の臓器です。食道がんの約90%を占める扁平上皮がんは、食道の粘膜の上皮から悪性の腫瘍が発生したものです。

腺癌は逆流性食道炎を背景として起こることが多いとされています。

また食道がんはリンパが発達しているので肺や肝臓、骨といった他の臓器にも転移しやすいという特徴があります。

食道は胸のあたりで心臓や気管支、肺といった重要な臓器と接しているため、早期発見、早期治療がポイントとなります。

食道がんの原因と傾向

食道がんは50歳以降の男性に多くみられ、男女比は約5:1とされています。

日本で多くみられる扁平上皮がんでは、喫煙と飲酒が確立された危険因子です。

喫煙者は喫煙しない人の約9倍のリスクががあるともいわれています。

飲酒に関してはアルデヒド代謝酵素であるALDH2との関連があり、お酒を飲むと顔が赤くなるひとが飲酒を続けることによって食道がん発生のリスクが上がると言われています。

欧米では食道と胃の境目から発生する、腺がんが多くなっています。

欧米型の食生活でみられるような熱い飲食物を摂取することは、逆流性食道炎や食道の炎症を引き起こし食道腺癌の原因となると考えられています。

日本でも食生活の欧米化や肥満の増加などから、腺がんが増加すると予想されています。

食道がんの症状

早期では無症状であることが多いですが、進行するにつれさまざまな症状があらわれます。

・食道がしみる感覚、焼ける感覚がする

食べ物を飲み込むときや熱いものを飲んだときにでる初期の症状です。

・食べ物の飲み込みにくさや、つかえる感覚、違和感

がんの成長に伴い、食道が狭くなるためにあらわれる症状です。

・胸の痛みや背中の痛み、頑固な咳や血の混じった痰

がんが肺や骨に転移したり、気管や気管支に転移した時に起こるとされています。

・食欲不振、体重減少

がんが進行した状態でよくあらわれる症状です。す。
 

・声のかすれ

リンパ節に転移することで反回神経(発声に関係する神経)に影響を及ぼしてしまうためです。

食道がんの治療

病期によって異なります。

・内視鏡治療

がんが粘膜内にとどまっていて、リンパ節転移を認めない初期のがんが対象となります。

切除の方法にEMR(内視鏡的粘膜切除術)やESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)があります。 副作用や合併症が少なく負担が少ない治療です。

・手術療法

がんを切除する方法です。がんのある場所によって方法が変わります。

a.胸部食道がん
胸の中にある食道がんは周りを重要な臓器に囲まれています。食道をとりだすためには開胸し、右の肺をしぼませることで食道に到達することができるようになります。その上で、がんと食道、胃周辺のリンパ節を切除します。最近では胸腔鏡・腹腔鏡を使用しての手術をすることが可能となりました。

b.頸部食道がん
頸部食道は声帯がすぐそばにあるので、声帯を一緒に切除することが多くなります。

・放射線療法

がんに放射線を照射する治療法です。食道がんは放射線療法、化学療法ともに効果が高いため、それらを併用することで、根治が期待できます。これを化学放射線療法といいます。

・化学療法

抗がん剤での全身治療です。5-FU、シスプラチン(CDDP)、ドセタキセルなどの薬剤で併用療法が一般的とされています。

食道がんの予防

扁平上皮がんではまず禁煙をすることが第一です。

飲酒量や肥満にも気をつけましょう。

食道腺がんもう増加傾向にあるため、食生活を見直すことも大切です。

果物や野菜の摂取、ウコンやにんにくなどはが食道がんの予防に効果があるといわれています。