他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

乳癌の生存率

| 0件のコメント


女性に最も多いとされる乳がん。芸能人の小林麻央さんも患ったことで注目をあつめました。近年は増える傾向にあるようです。

乳がんとは

乳腺の組織に悪性の細胞がみられるものです。多くは乳管から発生する乳管がんや、小葉から発生する小葉がんです。乳管や腺葉の中にとどまっている状態のがんを「非浸潤がん」といいます。乳管や基底膜からがん細胞が広がった状態を「浸潤がん」といいます。また「パジェット病」という乳頭にがんが達し、びらんをおこす稀な種類もあります。

乳がんの原因と傾向

30歳代から増加をはじめ、40歳代後半から50歳代前半がピークです。また白人に多いとされています。乳がんは、女性ホルモンのエストロゲンが深く関わるがんです。リスク要因として、高齢者、早期の初潮、閉経が遅い、初産年齢が遅い、授乳歴がない、未経産などが挙げられます。これらはエストロゲンにさらされる期間が長いことをあらわしています。また、高脂肪食、肥満なども指摘されています。日本の食生活の欧米化やライフスタイルの変化が大きく影響しているものと思われます。そのほかに乳がん家族歴やホルモン剤の使用などもリスク要因とされています。

乳がんの症状

自分で気づく症状として多くあるものが、乳房やわきの下のしこり、リンパの腫れ、乳房や乳房の皮膚の変化などがあげられます。非浸潤がんはしこりを触れないことが多いため、検診のマンモグラフィや超音波で発見されたり、血性乳頭分泌で気づかれる場合があります。また、しこりとして見つかる前に乳房の周りのリンパ節や、骨や肺、肝臓、脳など遠くの臓器に転移して見つかることがあります。骨への転移が疑われる場合には腰や背中、肩の痛みなどがあらわれます。骨折を起こす場合もあります。肺への転移には、せきが出たり、息苦しくなったりすることがあるようです。乳がんの種類や性質によって、広がりやすさと転移しやすさは、大きく異なってきます。

乳がんの生存率

ステージによって生存率は変わってきます。腫瘤の大きさとリンパ節転移の有無で0~4期に分けられます。0期と1期は「早期乳がん」と呼ばれ、0期では100%、1期なら90%の生存率が期待できます。3期では比較的進行した状態となり70%くらいに落ちてきます。4期は転移性乳がんといわれ、生存率は40%ほどになってきます。
乳がんは他のがんに比べて進行がゆっくりであることが多いとされています。非浸潤がんではごく早期のがんで転移をおこさないために、この段階で治療ができるとほぼ完治できるといわれています。しかし、多くのがんは乳管とまわりの基底膜を破って浸潤がんになっています。 治療をせずに放っておけば、周囲の組織に広がり、リンパ節、あるいは血液を通って骨、肺、肝臓などの臓器へ転移してしまい命を脅かすことになります。早期発見がきわめて重要なのです。

乳がんの治療法

乳がんの詳しい治療法はこちら乳癌の治療方法まとめに記載中です。

乳がん予防

早期発見、早期治療が第一です。そのために自己検診や乳がん検診をすすんで受けることが大切です。マンモグラフィで見つかることの多い非浸潤がんは100%の完治が期待できるのです。またライフスタイルや食生活の改善を心掛けましょう。