他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

脳腫瘍の原因まとめ

| 0件のコメント


脳にできる腫瘍はどんなことが原因となっているのでしょうか?

脳腫瘍とは

脳腫瘍とはこの頭蓋骨の中にできる腫瘍のことをいいます。

脳や脳を包む髄膜の組織から発生する「原発性脳腫瘍」と、ほかの臓器のがんが転移しておこる「転移性脳腫瘍」に分けられます。

原発性脳腫瘍には、良性と悪性の2種類ありますが、全体的に悪性のものが多いとされています。

良性脳腫瘍であっても大きく成長すると脳を圧迫し障害を起こしてしまいます。

そのための手術の果たす役割が大きいとさていて、完全に摘出することで完治が期待できます。

悪性脳腫瘍の場合は手術だけではなく、放射線治療と化学療法も重要となってきます。

脳腫瘍はがんが発生する場所によって種類が違ってきます。

・神経膠腫(グリオーマ)・・・ 脳自体から発生する代表的な腫瘍
・髄膜腫        ・・・ 脳を包む髄膜からの腫瘍
・神経鞘腫       ・・・ 脳から出る神経から発生する腫瘍
・下垂体腺腫      ・・・ 脳下垂体からできるもの
・頭蓋咽頭腫      ・・・ 胎児期に脳が作られる際に存在する細胞が、生まれた後も残って腫瘍化するといわれています
・胚細胞性腫瘍、髄芽腫 ・・・ 子供に多い脳腫瘍です

脳腫瘍の原因と傾向

全脳腫瘍の平均で、50歳代での発生が多くなっています。

年間では人口10万人に対して3~10人程度と推定されています。

よくいわれている原因としてあげられているものが、パソコンや携帯電話の電波です。

長時間接することで脳に悪影響があるということですが実際のところはっきりとわかっていません。

また遺伝子の変異だともいわれています。

脳腫瘍の原因はまだ未解明な部分が多くあるのが現状です。

しかし、脳腫瘍を助長させるとしてリスクとして考えられているものがあります。

・脳腫瘍の家族歴がある
・喫煙、過度な飲酒
・ストレス
・高脂肪、高タンパクな食事

これら色々な条件が重なることが脳腫瘍の原因になるのではないかともいわれています。

脳腫瘍の症状

・頭痛、吐き気、嘔吐 ・・・ 
 頭蓋内圧亢進症状といい、脳腫瘍が成長し大きくなってくることで脳が圧迫され起こる症状朝の頭痛や急な嘔吐などは注意が必要です。

・麻痺、しびれなど  ・・・ 
 局所症状といいます。腫瘍の場所によってあらわれる症状です。他に痙攣発作、失神発作、知覚障害聴力障害、視野障害、言語障害、めまいなどがあります。

・てんかん発作

・末端肥大症、クッシング病、尿崩症

脳腫瘍の治療

・手術療法
脳腫瘍治療の基本は手術となります。病巣を摘出しますが、脳には血管や大事な神経が多いためすべてを取り除くことができないこともあります。脳の機能を温存しながらできるだけ腫瘍を取り除くといった手術になるのです。浸潤性に拡がる悪性腫瘍の場合には、手術による絶対治癒はほぼ不可能とされています。また他のがんの手術に比べ脳腫瘍の手術では特殊なことが多いために手術時間がかかります。

・放射線療法
悪性脳腫瘍、あるいは比較的良性の腫瘍にも行われる治療法です。できるだけ病巣だけに照射し、正常な脳神経には照射しないような方法がとられます。神経鞘腫、髄膜腫では手術はせず、ガンマナイフややサイバーナイフと呼ばれる定位放射線治療で確実に正確に腫瘍だけを狙って照射していきます。

・化学療法
抗がん剤をつかった全身治療になります。しかし脳腫瘍では使用できる抗がん剤が限られているうえに、脳血管関門が存在し、効果が乏しいとされています。

脳腫瘍の予防

未だ解明されていないことが多い脳腫瘍。

はっきりとした原因も不明ですが、どのがんでもいわれる喫煙や過度の飲酒には気をつけるべきでしょう。

食生活にも気をつかうことで、他のがん予防にもつながるはずです。