他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

血液のがん「白血病」とは

| 0件のコメント

血液のがんとして有名な白血病。どんな病期なのでしょうか。

白血病とは

血液は心臓のポンプ作用で全身の組織に送られて細胞に酸素や栄養を送ったり、細胞からの老廃物を運び出す役目をしています。

その血液は赤血球、白血球、血小板の血液細胞でつくられています。そして白血球が悪性の腫瘍におかされた状態を白血病といいます。

また白血病は進行スピードや症状から急性白血病と慢性白血病に分類されます。その中でどの細胞ががん化したかによって骨髄性とリンパ性に分けられます。

他の臓器のがんに比べ患う人数が少ないために、専門的な病院で治療する必要があります。小児がんのなかでは最も多いとされています。

近年の医療や薬の向上によって、克服できるがんとなっていますが、急性白血病では早い経過がみられるため、未治療では死にいたる恐れもあるのです。

白血病の原因と傾向

どの年齢でも発症しますが、高齢者に多くみられます。日本では1年間に数千人の割合で患う病気です。

はっきりとした原因はわかっていません。しかしながらがん自体が遺伝子の変異が原因で生じる病気です。白血病も同様と考えられます。

遺伝子や染色体に傷がつく原因として、ストレス、放射線、化学物質、喫煙、ウイルスなどが考えられます。

高齢者の場合は、長年分裂をくり返し続けてきた結果、造血幹細胞が劣化することが原因ともいわれています。

また、白血病は遺伝性がないとされています。

白血病の症状

急性白血病と慢性白血、それぞれ症状が異なります。

【急性白血病の場合】

がん化した細胞を含む血液が全身をめぐることによって、正常な白血球、赤血球、血小板が少なくなることで起こる症状があります。

  • 出血傾向(鼻血や歯茎などからの出血、アザができやすい、血が止まりにくい)
  • 貧血
  • 発熱
  • 全身倦怠感

【慢性白血病の場合】

慢性白血病でははっきりとした症状がないことが特徴です。健康診断や血液検査での白血球数の異常によって発見されることが多くあります。

しかし、放置しておくといずれ急性白血病へと移行する急性転化がおこるとされています。その場合には急性白血病同様の症状が現れます。

白血病の治療

血液のがんでは抗がん剤による化学療法が一般的となっています。

【急性白血病】

顕微鏡検査で白血病細胞がみられなくなり、血球数が正常値となる状態にするための第一段階の治療、寛解導入療法を行います。

骨髄中の白血病細胞が、一定量以下に減少し一見完治したように見える状態が完全寛解です。

しかし体内には白血病細胞は残っています。そのため寛解をよりたしかなものにするべく、地固め療法や維持療法といった化学療法を繰り返し行うことで根治を目指すのです。

また途中で治療を中止してしまうと再発する可能性が高くなるといわれています。

中枢神経などは薬が行き渡りにくいため、注射によって直接薬をいれたり、放射線治療を行うこともあります。

急性白血病の種類や、薬の効きやすさによって「造血幹細胞移植」が必要な場合もあります。造血幹細胞を移し入れる治療法です。
ドナーの協力が不可欠です。

化学療法中には合併症に注意しなくてはなりません。

【慢性白血病】

急性白血病と慢性白血病では使用する薬、治療法が異なります。

・分子標的治療薬
白血病細胞を狙い、これ以上増えないようにするための薬です。従来の抗がん剤よりも副作用が少ないとされています。
・インターフェロン‐α療法
体内にもともと存在するインターフェロン‐αを用いた治療法です。白血病細胞を減少させ、急性転化を起こすのを遅らせるといわれています。
・化学療法
抗がん剤をもちいた治療法です。
・造血幹細胞移植
慢性白血病の治癒を目指すうえでもっとも有効な治療法は移植しかないといわれています。

白血病の予防

原因がわかっていないため確実な予防法がないのが現実です。しかし、他のがん同様に禁煙をする、異常を感じたら早めに診察を受けるなどの心がけは大切です。

日にちの単位で急速に進行する急性白血病。

風邪のような症状が日増しにひどくなり続く、青あざができやすいなどの症状がある場合には血液検査を受けることをお勧めします。

この病気が疑われる場合には、治療がより良い状態で開始できるように専門病院を受診しましょう。