他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

肺癌の末期症状と有効な治療方法まとめ

| 0件のコメント

肺がんとは

haigan_1
肺がんとは肺から発生するがんの総称です。

近年では、日本人の癌による死亡原因の第一位が肺がんになっています。

そしてその数はまだ増え続けています。男性に多いがんとなっていますが、その中でも50歳~70歳台が特に患いやすいとされています。

肺がんは、小細胞がんと非小細胞肺がんに分けられます。2種類の肺がんは、それぞれ異なる方法で成長して広がっていくため、それぞれの方法で治療していくことになります。

特に小細胞肺がんは早期から急速に成長し、他の臓器への転移傾向が強いという特徴があります。肺がんが遠隔転移をおこしやすい臓器として、肺や脳、そして骨、肝臓などが代表的です。

肺がんの原因

haigan_2
肺がんの最大の原因は喫煙です。

タバコ以外にも葉巻きやパイプ喫煙なども同様です。喫煙開始の時期が早く、若いときからの喫煙は非常に危険といわれています。

また、自分が吸わなくても周囲がタバコを吸うことで、煙を吸ってしまう受動喫煙の影響も大きく問題となっています。

喫煙以外では、大気汚染、アスベストなどの発がん物質への暴露などもリスクとして考えられています。

タバコを吸わない人の肺がんも少なくないということになります。また、肺炎や結核などの肺の病気がある場合は肺がんにかかる可能性があがることが知られています。

肺がんの症状

haigan_3
肺がんは症状の出にくい疾患です。そのため早期に発見することが難しく、受診したときにはがんが進行し、転移が始まっているような状態のことが多いのです。

主な症状としては咳や痰がありますが、この段階では風邪や喫煙を疑い、肺がんに気付かないことがあるわけです。長引く咳や痰に異常を感じたときには末期になってしまっていることもあります。

肺がんでは、遠隔転移があった場合はステージⅣと診断され、末期となります。ここまで肺がんが進行してしまうと死亡率は大変高いとされ、完治は大変困難といった状況になってしまいます。

◎肺がん末期の症状

肺の中で胸膜に転移してしまうと肺に水がたまり息苦しさを感じるようになります。進行して、気管支を傷つけることで発生する血痰、他にも胸の痛みや発熱などがでてきます。

肺がんは転移しやすいがんですが、特に脳、骨、肝臓などがあげられます。

転移による症状として、骨に転移した場合、肩や背中、腰などに痛みを感じるようになります。また肋骨にまで浸潤した場合には、呼吸のたびに強い痛みが起こるといった症状がみられるようです。

脳に転移すると頭痛や嘔吐が起こったり、転移した部位によっては手足の麻痺や意識障害、視力の障害などが出たりすることもあり、生活の質が大きく変化していきます。

肝臓に転移した場合には極端に食欲が落ちることでの体重減少、疲労感、黄疸などの症状が表れます。を感じるようになります。腹水がたまることで、強い痛みがでてくることもあるようです。

このように末期の症状はどれをとっても辛いものが多く、日常生活にたくさんの影響が出てくるのです。

肺がん治療

肺がんは治りにくいがんの代表です。肺は血液中に酸素を送り、全身に届けるという役割があるために、他のがんに比べて転移しやすいことが進行してしまう原因です。

小細胞がんは、より転移しやすく悪性度が高いとされていますが、化学療法や放射線に対する感受性が高いため、治療の中心は化学療法と考えられているのです。

一方、残り約80%をしめる非小細胞肺がんに関しては化学療法や放射線に対する感受性が低く、治癒を目指すには早期発見で、手術によって病巣を取り除くことが一番と考えられています。

(a)手術療法

surgery
早期の肺がんに対する治療の中心となるのが手術です。現時点でもっとも治癒にいたる可能性が高い治療法とされています。非小細胞がんの場合、通常、ステージⅠ期からステージⅢA期が手術の対象に、小細胞がんの場合は、I期のみが手術の対象となります。手術は治療効果の高い方法ですが、残る予定の肺機能が悪いと手術ができないこともあります。術後に呼吸機能がどれだけ残る可能性があるかが、手術を行うかどうかの判断の基準になります。また極めて早期の肺がんには、より小さい範囲での切除を胸腔鏡手術によって行うこともあるようです。

(b)放射線療法

haigan_4
放射線治療は、がん細胞を殺すために高エネルギー光線を体の外から照射する方法です。がんを小さくする効果があるため、手術の前に行うこともあります。また術後に残るがん細胞を全滅させることに用いる場合もあります。

(c)化学療法

haigan_5
化学療法は小細胞がんに対するもっとも一般的な全身治療です。がんの成長を抑える、または症状を軽くするために用いられ抗がん剤だけで肺がんを根治することは不可能とされています。

肺がんの予防とまとめ

末期の肺がんはとても苦しい症状が出てくることがわかりました。

日常生活がままならないような状態になる前に、肺がん検診を受けるように心掛けましょう。早期発見、治療で肺がんで命をおとすことを避けられるかもしれません。

そしてなによりも肺がんを予防する最もよい方法は、禁煙することです。長く続く咳や痰、気になる症状がある場合にはできるだけ早く受診するようにしましょう!