他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

大腸癌の予防方法まとめ

| 0件のコメント

Colon cancer, computer artwork.
近年増加傾向にある大腸がん。がんの中でも死亡率が高いとされています。どのように予防したらいいのでしょうか。

大腸がんとは

大腸に発生するがんで、最も多いのは直腸とS状結腸とよばれる部分といわれています。

粘膜の表面から発生し、大腸の壁に次第に深く侵入していきます。進行するにつれてリンパ節に転移したり、血液から肝臓、肺など別の臓器に遠隔転移します。

進行するにつれ、リンパ管に入り込んでリンパ節転移を起こしたり、血管に入り込んで肝転移や肺転移などの遠隔転移を起こします。

比較的進行はゆっくりです。

大腸がんの原因と傾向

大腸がんの患者さんの年齢は40歳から増え始め、50~75歳くらいまでが多くなりますが、高齢の方ほどより罹患率が高くなるようです。

女性では胃がんよりも多く第1位となっていますが、生存率は近年比較的高くなってきています。

大腸がんの発生リスクとして、よく知られているのが飲酒や肥満の生活習慣、そして食生活の欧米化です。

特に赤身の肉や加工肉の摂取増加が指摘されています。

魚や白身の鶏肉は関係がないと言われています。

また高身長の人、親族に家族性大腸腺腫症とリンチ症候群にかかった人がいる場合は注意が必要とされています。

大腸がんの症状と治療

◎症状

大腸がんは初期の症状が非常に出にくいがんです。

大腸のどこにどの程度のがんができるかによって異なります。

右側の大腸がんの場合、大きくなるまで症状が出にくいため、腫瘤として発見されることもあります。腹部の張りや、慢性的な出血による貧血もみられます。

また、左側の大腸がんでは、下血や粘血便といった出血便、便秘・下痢、便が細くなるなどの症状で発見されることが多いのが特徴です。

しかしながら大腸がんの場合、「ステージ3」で発見され、完治した事例もあり、生存率は高まってきています。

◎治療

大腸癌の治療は、ステージに応じて異なっています。

a.内視鏡治療…
初期の大腸がんであれば内視鏡切除で治療が完了することあります。ポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)、EMD(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)があります。

b.手術療法…
『腹腔鏡手術』
おなかに小さな孔を数カ所あけて、腹腔鏡という内視鏡を用いて行う手術です。

『開腹手術(直腸局所切除術、前方切除術、直腸切断術)』
がんの病巣と一緒に転移を起こしやすいリンパ節を一緒に切除してしまいます。

『局所切除術』
ISRとよばれているもので、肛門近くに発生した直腸がんでリンパ節転移の危険性がないものの病巣のみを切除する手術で内視鏡治療とにています。

c..放射線療法…
放射線治療は、がん細胞を殺すために高エネルギー光線を体の外から照射する方法です。がんを小さくする効果があるため、手術の前に行うこともあります。また術後に残るがん細胞を全滅させることに用いる場合もあります。

d.化学療法…
化学療法は小細胞がんに対するもっとも一般的な全身治療です。

大腸がんの予防

大腸がんは早期発見で完治するがんですが、書状がでにくいため気付くことが遅れがちです。

進行してからの発見にならないためにもできるだけ予防すること大切です。

なによりも40際を過ぎたらくいからは定期的な検査がとても重要になってきます。

そして、アルコールや加工肉の摂取量に気をつかいましょう。

禁煙、やバランスのとれた食事、適度な運動で肥満にならないよう気をつけましょう。

また野菜や豆類、果物、穀物類、海草類、きのこ類、は大腸がんの危険度を下げる効果があるといわれていますので、積極的にとりいれてみてもいいでしょう。