他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

有賀さつきさん急死の原因はガン?

| 0件のコメント

有賀さつきさん急死のニュース その裏とは

女子アナのブームを巻き起こしたアナウンサーの有賀さつきさん。1992年にフジテレビを退社したあとは、フリーアナウンサーとして活躍し、近年はタレントとして様々な番組に出演していました。

そんな有賀さつきさんが亡くなったという衝撃のニュースが流れたのは2018年1月30日のことでした。

色々なところで有賀さんの死因はなんなのか…憶測が飛び交っていますね。なぜなら、有賀さつきさんは自分の状況を誰にも話していなかったからなのです。

女子アナ時代の同僚にも離婚した元夫、そして自分の親にすら相談せずに亡くなってしまったのです。急死なんだから、当然だろうと思うひともいるかもしれません。

しかし有賀さんは、自分の死期を知っていたと思われる行動をしていました。仕事は亡くなる前の年末までに終わらせ、そこから先の仕事のオファーは断っていたようです。

そして、銀行口座の解約など、本人でなければできない身辺整理のようなことも済ませていたといわれているのです。

このような有賀さんの行動をみると、病気があり回復を期待できないと悟っていた可能性が高いと考えられます。有賀さんが病気であるということを公表をされていなかったので、急死という報道になってしまったと考えられます。
 

有賀さつきさんの死因はがん?!

では有賀さんの命を突然うばった病気とはなんなのか。有賀さんは亡くなる3か月前までテレビ番組に出演していらっしゃいました。

仕事をしているということは元気という証拠だと思われますが、有賀さんの見た目はすっかり痩せてカツラを着用していたと話題になっています。

カツラを着用するということは、髪の毛が薄くなっている、抜け落ちているなどの症状が考えられます。そしてあまりにがりがりに痩せてしまうという症状。

かつて川島なお美さんが激やせした姿でイベントに登場されたときもあまりの激やせぶりに心配の声が多くありました。

そのイベントからわずか半月後に亡くなってしまいました。川島なお美さんは末期の胆管がんでした。(参照:川島なお美さん(胆管がん)

有賀さつきさんの痩せ方もがんの可能性が高いことをうかがわせます。

また昨年乳がんで亡くなられた小林麻央さんが、カツラを着用している姿をご自身のブログで公表していたことが記憶に新しいですね。

抗がん剤治療の副作用として全身の毛が抜け落ちてしまうため、カツラやニットキャップなどをかぶる場合が多いのです。(参照:小林麻央さん(乳がん)

有賀さつきさんのカツラも抗がん剤治療による脱毛を隠すためだと予想されます。

抗がん剤治療と激やせから、手術ができないステージの末期がんであった可能性が考えられます。女性特有のがん、乳がんや子宮がんであった場合は全身への転移があったと考えることもできます。

これだけの情報ではどこのがんであったのかという特定は難しいところです。有賀さつきさん本人の希望で病名は伏せられているようなので、真相がわかることはないのかもしれません。
 

若くして亡くなられた有賀さつきさん

52歳という若さでの他界。シングルマザーであり、親の介護もしていたようです。

”育児、介護、仕事。シングルペアレント。いつごはんを食べたかな?何時間寝たかな?自分のことは後回しの日々を15年も続けてはいけませんね。生活を見直したら、涙が滲んできました。余裕があるとないのでは、全然違いますね。ずいぶん私も病んでいました(笑)毎日幸せだと思っていましたが、いつの間にか疲弊していたみたいです。”

有賀さつきさんはご本人のブログで日々の忙しい生活の中で自分のことが後回しになっていたことを告白していました。

もしかしたら、人間ドックやがん検診などを受けるタイミングを逃してしまっていたのかもしれませんね。がんは早期発見が何よりも大事です。

がんの種類にもよりますが、進行性のがんでは気付いた時には末期になってしまっていることが多いものです。

一年に一度の健診は必ず受けるように心がけましょう。