他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

癌に効く食べ物まとめ

| 0件のコメント

がんを患ったひと、がんの予防をかんがえているひと。毎日の食事って大切なんです。

癌対策には食事も重要!

がんの基本的な治療といえば、手術療法、放射線療法、化学(抗がん剤)療法が主流です。どれもがんを小さくしたり、消滅させたりするのに必要な治療です。

しかし、治療によって体力を奪われてしまうことも事実です。副作用などで、食べられずに体重が減少し弱ってしまうことも多いのです。

またがんの進行度や年齢によっては、治療が難しく効果が期待できない場合もあるかもしれません。

どんな病期であれ、変わらずにできることといえば食事ではないでしょうか。食事療法というわけではありません。

しかしどうせ食べるなら、がんに効くような食べ物を積極的に摂取してみるのもいいかもしれません。

癌対策に食事が重要な理由

がんに効く食べ物とはいったいどういうものなのでしょうか。がんに効く=免疫力を高める食べ物のことを指します。

人の体は古い細胞と新しい細胞が入れ替わっています。その中に存在する免疫細胞ががんにとって大きな役割を果たしています。

そのがんをやっつける免疫細胞を活発にさせることが、免疫を高めることにつながるのです。

癌に効果的とされる食べ物(食材)

それでは具体的にどのような食べ物ががんに効くのかみていきたいと思います。

・ニンニク

強い香りで苦手なひともいるかもしれません。しかし、がんの予防のみならず他の病気も予防できるといったメリットの多い食べ物なのです。

ニンニクの香り成分というのが、アリシンなどのイオウ化合物です。

そのため殺菌、抗菌力は優れています。もちろんがんの予防にも効果があるとされています。特に消化器系のがんの予防に効果がみられるようです。

また疲労回復、老化防止といった働きがあるほか、動脈硬化の予防にもいいといわれています。

・ブロッコリー

強い味方ブロッコリー。TVで紹介されたこともあります。

ブロッコリーに含まれるメチルメタンチオスルホネート(MMTS)という成分、これががんになろうとする細胞をもとの細胞に戻すという働きをするのです。

またフィトケミカルという成分は、他の野菜にも含まれるものですがブロッコリーが圧倒的に多いといわれています。

抗酸化作用や抗菌力に優れていて、炎症を防いだりもします。免疫力を向上させるための材料がブロッコリーには豊富にそろっているということです。

特に乳がんに効果があることが分かっていますが、皮膚癌、大腸がんなどにも期待ができるようです。

できるだけ熱を加えない調理法で摂取するのが望ましいとされているため、ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトがおすすめです。

・トウガラシ

トウガラシの成分はハーブと同じといわれています。また辛みのもとであるカプサイシンは発がん性物質に変える酵素を抑制する働きがあるとされています。

トウガラシを食べると体が熱くなることでわかるように、体温を上げる効果があります。

体温が高い状態というのは免疫力が高まりやすく、がんにとって居心地が悪いものなのです。そして生活習慣病の予防といった効果もあり、体にいいことばかりというわけです。

・緑茶

コーヒーなどにも含まれるポリフェノールは強い抗酸化作用でがんを抑制してくれます。

またエピガロカテキンガレート(EGCG)という成分は胃がんに効くとされている重要な成分なのです。

ほかにもビタミンや食物繊維なども含まれているため生活習慣病にも効果があるとされています。

・イチジク

果物代表ではイチジクが優秀です。イチジクの成分、ベンズアルデヒドに抗がん作用があるとされています。

前立腺がんに効果が高いといわれています。

がんに効く食べ物まとめ

近年、お医者さまの間でも注目されている免疫を高めるがんの治療。そのような薬も発明されています。まずは身近にできる食事から試してみてはどうでしょうか?