他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

人はなぜガンになるのか

| 0件のコメント


現在の日本では2人に1人が患うとされているがん。そして3人に1人ががんで命を落とすといわれています。

がんはもっとも身近な病気でありながら、現代人を悩ませる最大の病気ともいえるのです。なぜなら日本人の死因として男女共に常に上位を占めているものが、がんだからです。

死因の第一位となるほどのがん、なぜ人々はがんに侵されてしまうのでしょうか。人ががんになってしまうメカニズムをみていきたいと思います。

人の体の仕組み

ひとは最初受精卵を元としたひとつの細胞からうまれます。この細胞は常に分裂を繰り返し、新しく生まれ変わることで体をつくり、人は成長を続け大人になります。

最終的に大人の体は数十兆個の細胞によって出来上がることとなります。わたしたちの体の皮膚、粘膜、血液、すべてがその細胞でできているのです。

そこからもわかるように、細胞には多くの種類があり、それらは様々な役割をもって日々働いています。

ケガをすると皮膚の細胞が活発に働くことで傷ついた皮膚を治していきます。血液の細胞はからだの中に入ってきた菌やウィルスなどに攻撃を加えます。

神経の細胞は痛身を含む感覚を脳に伝え、脳からの信号を体に伝える役割を担っています。細胞はすべてにおいて重要なはたらきをしてくれているのです。

このように正常な細胞は体の状態や周囲の状況の対応して増えたり、増えることをやめたりすることで健康な状態を保っているのです。

なぜがんになるのか

実は私たちの体の中では、毎日のように異常な細胞が発生していることを知っていますか?

正常な細胞は細胞の設計図である遺伝子をもとに分裂を繰り返します。その分裂の際に遺伝子に傷がつき、突然変異することが「がん」のはじまりといわれています。

原因はいろいろあると考えられています。よく言われるものとしてたばこに含まれる化学物質や、太陽の強い紫外線などがあげられます。

また遺伝子変異は親から受け継がれる場合もあるようです。

通常そのように突然変異してしまった異常な細胞は体内の正常な免疫細胞、白血球の攻撃によって死滅するといわれています。

しかし、免疫力が下がって白血球の働きが弱まると、攻撃できずに残ってしまう異常な細胞がでてきてしまいます。

それががん細胞となり、それらが体の中で成長することで、体をむしばんでいくのです。

正常な細胞とがん細胞の違い

正常な細胞は自分の役割をわかって特定の働きをします。細胞同士でシグナルを出し合い、体の状態に合わせて自ら動くことがわかってきました。

この細胞同士のサインによって私たちのからだは正常に稼働してくれています。この正常細胞の状態を分化といいます。

一方でがん細胞は特定の役割がないために無秩序に分裂を繰り返し増え続けます。これを未分化といいます。役割のきまっていないがん細胞はただ増えることしかできません。

また他の細胞になりすますことで、白血球の攻撃を逃れることもあります。

また自らが生き残りやすい環境を作るための周囲の細胞を巻き込み、成長に必要な酸素や栄養を取り込んでいくこともあります。

このようにがん細胞は姿かたちを変え、体内でうまく成長を続けていくのです。

なぜがんが死因になるのか

もともとできたがんの場合、手術療法でがんの巣を切除することで根治に期待できます。

しかし、もともとのがんから遊離したがん細胞が血液のながれにのり、リンパを通り移動します。そして体の他の場所にたどり着きそこで広がっていきます。これが「転移」です。

そして、広がったところで新たに作られるがんのことを「転移がん」といいます。実はがんの主な死因はこの転移がんなのです。

がん細胞が浸潤と転移を繰り返すことで体のあちこちにがんが広がっていきます。全身に散らばってしまったがんは、手術療法では切除が難しくなってしまいます。

転移がんではこれ以上増殖を抑えたり、症状の緩和が主な治療法となり、放射線療法や抗がん剤を使った化学療法による治療が一般的となり根治が難しい状態になってしまいます。

これががんの死因といわれる原因なのです。転移するまでには時間がかかります。

逆を言えば、転移する前に早期発見することができれば、がんを治すことができるということになります。そのためがんは早期発見早期治療が求められるのです。

早期発見には、定期的な健診が必要不可欠とされています。体に異常を感じるころには転移の可能性も高くなっているというがんもあることを覚えておきましょう。

がんを予防するために

がんの発生は細胞分裂の際に遺伝子に傷がつくことが原因といわれています。突然に起こることで自分ではどうすることもできないように聞こえますが、実はそれも予防することが可能なのです。

遺伝子に傷がつく原因として、化学物質や過剰な塩分摂取などが関係していることがわかっています。

つまり生活習慣を見直すことでがんを予防することが可能なのです。最も気を付けるべきリスクとしては喫煙があげられます。全てのがんのに共通したリスクとされています。

また過剰な塩分摂取、飲酒などにも気を配ることが大切です。

発がん性があるという言葉を耳にすることが多いですが、それはつまり細胞分裂の際に遺伝子に傷がつきやすい状況を作ってしまうという意味になります。

このようにがんは最も身近でこわい病気とされていますが、生活習慣に気を配ることで予防できる病気なのです。