他社比較約2.5倍
高濃度コロイドヨード水の試飲はコチラ

がんの誤診の恐ろしさと対処

| 0件のコメント

日本で死因の第一位であるがん。がんの見落としが多く聞かれる一方で、がんではないのにがんと診断される誤診が多くあるのも事実です。

がんの診断

近年がんについての研究が盛んになり、多くの優れた技術や薬が開発されています。

もちろん診断の精度もあがっていて、がんによってはステージⅠに満たないような小さながんも発見できるようになっています。

それでは実際にがんと診断されるまでにどのような流れがあるのかをみてみましょう。

がんが疑われる場合、血液検査(腫瘍マーカー)や画像(エコー、レントゲン、CT、MRI、PET)による検査が行われます。

また、内視鏡検査で実際にがんと思わる場所を直接みたり、必要に応じて病理検査でがんと思われる細胞の一部分を採取して検査を行います。

これらの検査を経て、がんが確定する流れになります。

がんの誤診

なぜがんの誤診が起きてしまうのでしょうか。

実は、がんの発生場所によっては発見が難しく、ひと通りの検査を行ってもはっきりとわからない場合があります。

体の奥にある臓器、膵臓や胆管などは画像ではわかりずらく、さらに病理検査をするにも体に大きな負担がかかるため、高齢者などの場合には検査そのものができないという事実があります。

また、良性の腫瘍の場合でもその腫瘍が炎症を起こしていたりすると、悪性腫瘍と同じような性質を見せることがあります。

つまり、がんのできる場所や、腫瘍の性質によって非常にがんに似ている状態がおきてしまうことがあるということです。

一方で、完全にミスともいえる誤診によるものも存在します。

過去にあった生検の取り違えによる誤診では、胃の3分の2を切除する手術まで受けましたが、実は胃潰瘍だったという事実がありました。

他には、研修医によって前立腺がんと診断された男性は、2年間、不要な放射線療法やホルモン治療を受け続けたという例。

そして、尿路上皮がんと診断された男性は、膀胱を摘出する手術を受け排便障害になりましたが、術後の病理検査でがんが見つからなかったという事例もあります。

がんの誤診では、抗がん剤や放射線療法による体の負担だけでなく精神的にも多大なストレスがかかることになります。

だれもが、がんが身近な病気であり、いつ自分が患ってもおかしくないということを理解しています。

がんと診断されれば、この先の不安を抱かずにいられません。

誤診によってうつ状態に陥ってしまったひともいるほどです。

がんの誤診をされないための対処法

がんの誤診を防ぐために自分自身でできることもあります。

医療機関でがんと診断されてしまった際に、少しでも疑問をもった場合にはどんなことでも主治医に質問をすることは重要です。

自分自身でもがんに関する知識を深め、自分の置かれた状況を理解するように努めましょう。

また、血液検査や画像検査、できれば病理診断書などのコピーをもらい、セカンドオピニオンを受けてみることもよい方法です。

人生を大きく変えてしまうがんの誤診。

主治医を盲目に信じるのではなく、自分が納得いくまでよく調べることが必要です。